苦情公開

社会福祉法人 大五京,子ども,お子さま,大五京,京都市,北区,衣笠,幼稚園,認定こども園,ソレイユ,i-保育園,e-こども園,ポラリス,メリーポピンズ,認可保育園,保育施設,児童館,有料老人ホーム,就労支援,ISO9001,全国,北海道,札幌市,千葉県,市川市,東京都,足立区,大阪市,淀川区,ネットワーク,乳幼児保育,フロントランナー,保育システム,国際社会人,スキル,プロ,衣笠山,育児支援,エデュケア,エデュケーション,教育,保育,自信,インターンシップ,求人,保育士募集ネイティブ,芝生,ビュッフェ,本物,無宗教,人生,良質体験,

苦情の公開内容

対象期間

2020年1月1日~2020年3月31日(以後3ヶ月更新)

苦情発生状況
施設名 苦情発生件数
衣笠こども園(京都市北区) なし
メリーポピンズこども園(大阪市淀川区) なし
こども園ソレイユ(札幌市北区) なし
eーこども園(千葉県市川市) なし
ポラリスこども園(大阪市淀川区)
なし
iー保育園(東京都足立区) 1件
衣笠児童館(京都市北区) なし
MIGNON KINUGASA(京都市右京区) なし
シルバーホーム衣笠(京都市北区) なし
法人本部(京都市北区) なし
Gap-Filler(京都市北区) なし
i―保育園 での苦情(1件)
苦情内容 在園児の姉(卒園児・小4)が夕方「自宅の鍵がなく家に入れない、携帯も持っていない」と園に助けを求めてきたので、保護者に連絡を取った。

勤務先も遠く、在園児の弟も19時半まで保育の為、安全面から考えて保育園にて保護する事とし、保護者が迎えに来るまで園児と過ごした(コロナ休校及び区内発症前)

10日後、5歳児クラス保護者より「卒園児を預かるシステムがあるのですか?」「なぜ同じ部屋にいたのですか?」とお尋ねがあった。
処理内容 保護した経緯をお伝えしたが「預かるのと保護の違いが判らない、自分の子が卒園した後大変だったら預かってもらえるのですか」の質問から転じて「同じ保育室でコロナがうつったら」という趣旨に変わっていき納得していただけなかったので、園長、主任同席にて改めて「家に入れないとわかっている小学生を、暗くなる夜に帰すわけにはいかない、保育ではなく、保護。

保護者と連絡を取れていたので保育園にて保護、身元の分からない子どもであったら一旦保護の上、警察に連絡という、地域で運営する保育園として責任を果たす役目がある」という旨をお話しした上で、

①園児と同じ保育室での待機は配慮に欠ける部分があり、結果感染などのご心配をおかけした事を謝罪。

②該当日は、遅番時間なので人手を考えても、別室で小学生一人は無理であったが、今後同じようなケースがあった場合の保護の場所は検討したいと説明。

③区役所に連絡し、「保育園敷地内にて地域の子どもの保護については問題ない」との確認を得た。
Copyright(C)  社会福祉法人 大五京 All Rights Reserved. 
pagetop