臨床スキル研究所,研究所,こども,就学前,幼稚園,こども園,支援,発達,療育,心理,保育,幼児教育,発達検査,知能検査,相談,発達相談,子育て相談,親,カウンセラー,カウンセリング,キンダーカウンセラー,保育カウンセラー,臨床心理士,公認心理師,心理士,心理師,発達障害,自閉,ASD,ADHD,多動,衝動,不注意,学習障害,親子相談,小学校,受験,子育て,新版K式,wisc,テスト,検査,育てにくい,ことば,遅い,遅れ,偏り,心配,落ち着きない,保護者

 研究所の考え方

 

乳児に対して

乳児期は、人生で一番大切な時期です!!

生まれて間もない乳児は、周りからたくさんの刺激を受けて、力いっぱいに成長していきます。
特にこの時期は、大切な大人との関係の中で、愛着を伴った関りや、優しい様々な感覚刺激を経験することで、脳や身体を成長させていくのです。
そのため、この時期に経験したことが、その後の成長に多大な影響を与えます。

例えば、赤ちゃんと目を合わせて優しい声で語りかけること、抱き上げたりして人肌の温かみを経験できるようにすることは、当たり前のことです。
愛情を持って接すること、睡眠時間を十分にとり赤ちゃんのペースに合った生活を送ることは、誰しもが大切であると知っています。
しかし、日々の多忙な生活において、当たり前のことがどうしてもおろそかになることが多いでしょう。

私たちは、乳児のお子さまにどのような接し方が最適なのか、どんな環境を設定するべきなのかを考え、保護者の方々や園の先生方と一緒に考えていきます。
専門的な知識を駆使して、基本的なことから専門的なことまで、たくさんの方法を考え、ご提案していきます。

 

幼児に対して

「できる」喜びを尊重しながら、家族やお友達、いろんな人と楽しく仲良く生活できるように…。

幼児期のお子さまは、それまでの乳児期に比べて、目まぐるしく「できること」が増えていきます。
これは、どんなお子さまも共通しています。
「できること」が増えると、お子さま自身も「できる」という気持ちが大きくなり、やがて自信につながっていくのです。

また、幼児期になると、お友達との関係や、家族以外の人との関係も大切になります。
はじめはうまくいかないかもしれないけど、泣いたり笑ったりを繰り返し、みんなと上手に仲良く過ごせるようになっていくのです。

私たちは、そんな「できること」を増やしていくお手伝いをします。そして、お子さまやご家族、周りの人たちが余すことなく「できる」という実感が持てるようにお手伝いをします。
さらには、小学校に向けて「学習」ができるように、就学前までに求められる力を存分に伸ばしていけるように、たくさんの専門的なノウハウや考え方をご提案します。

Copyright(C)  臨床スキル研究所 All Rights Reserved.  
pagetop